Loading...

蘭印作戦

16 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Dec 30, 2018

蘭印作戦, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=8... / CC BY SA 3.0

蘭印作戦

蘭印作戦(らんいんさくせん、Dutch East Indies campaign, 日本側作戦名「H作戦」, 1942年1月11日 - 3月9日)は、太平洋戦争初期における日本軍の蘭印(オランダ領東インド)への進攻作戦である。

日本軍は1月11日にタラカンとメナド、1月25日にバリクパパン、1月31日にアンボン、2月14日にパレンバンと快進撃を続け、3月1日に最終目標のジャワ島に上陸した。ジャワ島の連合軍は3月9日に降伏した。大本営の事前の予想では開戦から蘭印軍降伏まで120日間とされていたが、92日間という電撃的な早さで作戦は完了した。

太平洋戦争緒戦における日本軍の最大の目標は蘭印(オランダ領東インド、現在のインドネシア)の石油資源の獲得にあった。開戦時の作戦計画である南方作戦の基本構想は、イギリス領マレーとアメリカ領フィリピンを迅速に奪取し、これらを踏み台として蘭印を攻略し、資源を確保すると共にスンダ列島に防衛線を形成するというものであった。

オランダは17世紀以来300年以上にわたって蘭印を植民地支配していた。蘭印は東西4,000キロ、面積190万平方キロ、当時の総人口6,000万人という広大な地域であった。ジャワ島には人口の3分の2が集中し、オランダの総督府は同島のバタビア(現在のジャカルタ)に、軍事中枢はバンドンに置かれていた。蘭印で最大の油田はスマトラ島のパレンバンで、ボルネオ島(カリマンタン島)のバリクパパンやジャワ島東部にも油田があり、1939年の年産量800万トンは当時の日本の年需要量500万トンを上回っていた。他に錫、ボーキサイト、ゴムなどの戦略物資も産出していた。オランダ本国は1940年にドイツによって占領され(オランダにおける戦い (1940年))、ウィルヘルミナ女王の政府はイギリスに亡命し、蘭印は亡命政府の統治下にあった。

日本軍は蘭印攻略を担当する部隊として第16軍を編成し、軍司令官に今村均中将を任じた。蘭印作戦には多くの困難が伴うと予想された。第一に、マレー作戦、フィリピン作戦、香港作戦を経た後に実施されるため、奇襲ができず、また参加する部隊には再使用される部隊が多かった。第二に、長途の渡洋作戦であるため制海権・制空権の確保が必須であり、島々を順次攻略して航空基地を進出させていくことが作戦遂行上の要点であった。第三に、油田の設備を連合軍によって破壊される前に確保するという特別な任務が伴っていた。

日本政府はできれば蘭印への無血進駐を実現したいと考え、1941年12月8日の大東亜戦争宣戦の詔書でもオランダを交戦国から除いていたが、オランダ政府は12月10日に日本政府に対して「日本がオランダと密接不可分の関係にある米英両国に対し戦端を開いたので、日蘭間に戦争状態が存在するに至った」と通告した。(これは、現地のオランダ領東インド政庁が独断で行ったもので、当時ロンドンに亡命していた本国政府がそれを追認したものと言われている。)それでも日本政府は、開戦以降のマレー半島や香港での有利な戦況を背景として、オランダ政府に対してスイス経由で工作を行ったが、オランダ政府は進駐を拒絶した。1942年1月11日、日本軍はオランダ領のタラカンとメナドへの進攻を開始し、翌12日、日本政府は「日蘭間に戦争状態が存在するに至った」旨の声明を発した。



第16軍の兵力は、第38師団、第48師団、南海支隊などの配属後は人員97,800名、外に航空部隊の地上勤務員10,000名と予定された。うちジャワ島へ第一次上陸した兵力は55,000名であった。第16軍の中核となる第2師団(仙台)は1941年9月16日に内地で動員された。建軍以来の精鋭師団でありバタビアとバンドンの攻略を成し遂げるであろうと期待されていた。第38師団は1939年に編成された師団で、南支の沼沢地帯で作戦中であった。沼沢地帯に慣れたこの師団はパレンバン攻略に最適と考えられた。第48師団は1940年にマレー半島での作戦を想定して編成された機械化部隊で、開戦時には海南島に集結していた。パレンバンの攻略には空挺部隊である第1挺進団の投入が検討された。日本では空挺作戦の研究は1940年頃から始まり、1940年12月に初めて浜松の陸軍飛行学校内に挺進練習部が設置されたばかりであった。第1挺進団は進駐先の仏印で編成され降下訓練を始めていた。またメナドの攻略には世界的にも珍しい海軍の空挺部隊の投入が予定された。

1941年12月21日頃完成した作戦計画は次のようなものであった。
大本営ではジャワ島上陸...

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...