Loading...

3 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jun 22, 2019

バナト, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1... / CC BY SA 3.0

#バナト
#ハンガリーの歴史的地域
#ルーマニアの歴史的地域
#セルビアの歴史的地域
バナト

バナトまたはバナート (Banat)は、中央ヨーロッパの地理的・歴史的地域。現在は、東部をルーマニア、西部をセルビア、わずかに北部をハンガリーが領有している。バナトはパンノニア平原の一部を成す。南はドナウ川、西はティサ川、北はムレシュ川、東は南カルパチア山脈が境となる。歴史的な首都はティミショアラ(現ルーマニア、ティミシュ県)である。

バナトとは、バンが治める辺境地方を意味する。

banとはスラヴ語発祥の言葉で、卿、知事、副王といった意味である。バナトを意訳すれば県となる。1920年代から1930年代のユーゴスラビア王国は、いくつかのバノヴィナ(州)から成っていた。ゼタ、ドリナ、サヴァ、モラヴァなどである。

中世のハンガリー王国には数カ所のバナトがあった。ダルマチア、スラヴォニア、ボスニア、クロアチアといったバナトであった。これらはヨーロッパでの対トルコ戦争の過程で消滅した。しかし、「バナト」という言葉が特に但し書きなしに用いられる場合、それはテメシュヴァールのバナト()を意味する。この地方はバンによって支配されたことはなかったにもかかわらず、1718年のパッサロヴィッツ条約以後、奇妙にもこの呼称を獲得したのだった。

バナトにはセルビア人、ルーマニア人、ハンガリー人、ロマ人、(ドイツ人)、(14世紀にトルコによって移住させられた南スラヴ系の人々。民族的にはクロアチア人とされる)、スロバキア人、バナト・ブルガリア人(カトリック教徒。オスマン帝国の迫害を逃れハプスブルク領バナトへ18世紀に移住してきた)、チェコ人など数多くの民族が小集団で暮らしている。バナトに住む者はバナト人と呼ばれる。

バナトの名は、この地域で話される言語で同じように表される。ルーマニア語ではバナト、セルビア語でバナト(Банат)、ハンガリー語でバーナート(Bánát)またはバーンシャーグ(Bánság)、ドイツ語ではバナート、トルコ語でバナト、スロバキア語でバナート(Banát)、バナト・ブルガリア語でバナート(Banát)、標準ブルガリア語でバナト(Банат)となる。

現在のバナトの最初に知られた住民は、サルマタイ族の分枝である。山岳国境地帯の一帯はダキアの一部であった。地域での力の均衡はローマ皇帝トラヤヌスの対ダキア人遠征で変わった。バナトはローマ支配下となり、以来属州ダキアと帝国の他州との間をつなぐ重要な土地となった。ローマ支配は、この地域への目立ったローマ人植民にはならなかった。彼らはわずかな防衛拠点をつくったが、移住はしなかった。この結果、ダルマチアのバナト支配が固定される結果となり、ダルマチアはローマの同盟者とされた。150年以上のローマ支配後、皇帝アウレリアヌスはダキアから退却した。一帯はサルマタイの手に落ち、後にダキアを手中に収めたゴート族のものとなった。ゴート族は、今日のバナトの北西部にあたるカルパチア盆地に本拠地を置いたフン族によって追い立てられた。アッティラの死後、フン族の帝国は瓦解し、かつてフン族に従属していたゲピド族がカルパチア盆地に新王国を築いた。そしてわずか100年後にはアヴァール人に打ち負かされた。アヴァール人の行政地点はバナトにもつくられ、アヴァール人=東ローマ帝国戦争において重要な役割を担った。アヴァール人支配は9世紀のカール大帝遠征が行われるまで続いた。カルパチア盆地の東部は、数十年後には第一次ブルガリア帝国の一部となった。いまも、アヴァール人とゲピド族の住んでいた考古学的痕跡がここで見られ、9世紀の半ばまで存在が見られた。さらにゲピド族の生き残りはここで長きに渡り生きていたようである。アヴァール人支配はカルパチア盆地への相当な数のスラヴ人移住を意味した。895年、エテルキョスで暮らしていたマジャル族が、東ローマの同盟者として東ローマ=ブルガリア帝国戦争に参戦、ブルガリアを敗退させた。これによって、ブルガリアはマジャル族の定住地を襲っていたペチェネグ族と同盟した。これがマジャル族のカルパチア盆地征服、ハンガリー建国で知られる過程を招いた。これはブルガリア帝国がドナウ川北部領を失う結果となった。バナトはこの時からマジャル族支配下となり、1552年にオスマン帝国がテメシュヴァールを行政中心地とするまで続いた。

テメシュ川の地域はマジャル族長の土地でなく、そして10世紀半ばから-王国の統治が弱まり-地元豪族がさらに外国支配からの独立を追い求め始めた。その結果、カル...

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...