Loading...

3 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 15, 2019

フィヒテル山地, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=6... / CC BY SA 3.0

#ドイツの中低山地
#バイエルン州の地形
#チェコの地形
#オーバーフランケン
#オーバープファルツ
フィヒテル山地

フィヒテル山地 (Fichtelgebirge、チェコ語で "Smrčiny")は、ドイツバイエルン州北部に位置する中低山地である。わずかに一部は、チェコ北西部にかかる。この山地のうち1,020km²はフィヒテル山地自然公園に指定されている。

フィヒテル山地は、ホーフとヴァイデンの間に位置する。西部はバイロイト周辺への交通の便がよいが、かつての鉄のカーテンを越えた東部のエーゲルラント(中心都市はヘプ)は、まだ十分ではない。アウトバーンは、ホーフ=ヴァイデン間をこの地域を通って結んでいる。

フィヒテル山地の中心に位置する町はルイゼンブルク(巨大な岩の迷宮がある)のあるヴンジーデルである。その他の町としては、マルクトレドヴィッツ、マルクトロイテン、アルツベルク、レスラウ、ヴァイセンシュタット、キルヒェンラミッツ、トレスタウ(これらすべてはエーゲル川またはレスラウ川の上流域にあたる)がある。周辺部では、南東あるいは南にビショフスグリュン、フィヒテルベルク、ナーゲル、ノイゾルク、エルベンドルフ、ヴィーザウ、フッフスミュールが、西にはヴァイデンベルク、クロイセン、バイロイト、ビントラハ、バート・ベルネック、北西にゲフレース、ツェル、ヴァイスドルフ、ミュンヒベルク、そして北にゼルプ、レーアウ、ホーフが位置している。

フィヒテル山地を北東から南西に、北や西の(東)フランケン訛りと東や南の(北)バイエルン訛り(オーバープファルツ訛り)との境界線が走っている。この境界線は、しかし行政管区の境界(オーバーフランケン行政管区/オーバープファルツ行政管区)とは一致していない。たとえば、オーバーフランケン行政管区に属するヴンジーデル郡ではバイエルン訛りの言葉が話されている。住民の多くは、第二次世界大戦の際に、この境界を踏み越えて来てこの地に新たな故郷を見いだした、ズデーテン地方、シュレジエンあるいは東プロイセンからの数多くの逃亡者達の子孫が多くいる。
最高峰は、標高1,053mのシュネーベルク、その他の特徴的な峰としては、オクゼンコプフ(1,024m)、ケッサイン(939m)、グローサー・ヴァルトシュタイン(877m)、グローサー・コルンベルク(827m)がある。

形態学上、フィヒテルベルク山地は多くの山並みと、馬蹄形の山塊から成る。この山塊は「Fichtelgebirgs-Hufeisen (フィヒテル山地馬蹄)」と呼ばれる。名付けられているのは、

フィヒテル山地の北東部はエルツ山地に、南東部はオーバープファルツの森、ボヘミアの森、バイエルンの森につながる。北西部のフランケンヴァルトやテューリンゲンの森とは明確な境界がある。南西部は、形態学的に全く別のフランケンのBruchschollenkand(沼沢地)に続く。

かつてフィヒテル山地は、「ドイツのへそ」とか「ヨーロッパの心臓」と呼ばれていた。ここでは4つの重要な川が生まれ、それぞれ4つの方向へと流れてゆく。

自然保護区にも指定されている多くの湿地や沼地は重要な水の受け皿となっている。この中低山地の上部は、北海と黒海を分けるヨーロッパの分水界となっている。

中世初期にはすでにフィヒテル山地では採鉱が営まれていた。特に金、錫、鉄、ミネラル、土や石(玄武岩、褐炭、輝緑石、花崗岩、ローム、凍石、粘土、泥炭)が採掘された。より近代にはウラン鉱床でも知られていた。フィヒテル山地の川沿いには水車によるハンマーが建ち、溶鉱炉や金属加工職人が仕事をし、金属の再加工が行われた。フィヒテル山地の森は木炭の製造に必要な木材を供給した。三十年戦争の頃には鉱床から十分に搾取し終え、鉱業は衰退した。アレクサンダー・フォン・フンボルトは18世紀に再度鉱業を活気づけようとした。多くの街や村(たとえば、ヴンジーデル、ヴァイセンシュタット、アルツベルク、フィヒテルベルク=ノイバウ、ゴルトクロナハ)はその創設に鉱山が寄与している。

フィヒテル山地の鉱山跡には内部を見学できるものがある。

鉱業は今日ではもっぱら歴史的遺物としてあり、フィヒテル山地の多くの村ではガラス製品が生産されている。国際的にあるいはドイツ全土では陶磁器が高い評価を得ており、今日ではゼルプが中心となって生産されている。ローゼンタール、またはフッチェンロイターがメーカーとして国際的な名声を享受している。

観光は、今日、フィヒテル山地の多くの自治体にとって最も大きな財源となっ...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...