Loading...

OSS開発を仕事にする技術 (mumoshu) - builderscon tokyo 2017

50 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Aug 18, 2017

https://builderscon.io/tokyo/2017/ses...

このセッションでは、皆さんが「業務としてOSSを開発するメリット」と「実際に業務としてOSSを開発できるようになる方法」を、発表者の経験をベースに考察・共有します。

発表者はkube-awsというOSSの開発を業務として行っています。

kube-awsはAWS上にProduction-Readyな(本番環境を想定した)Kubernetesクラスタを構築するツールです。Kubernetesは、Googleによって開発されたOSSのコンテナオーケストレーションシステムで、Dockerコンテナを複数サーバで分散実行させるような用途に利用されます。AWS界隈ではECS(EC2
Container Service)というプロプライエタリなDockerコンテナオーケストレーションサービス、Docker界隈ではDocker Swarm、Mesosなどと比較されることもあります。また、GoogleのクラウドであるGCPには、GKE(Google Container Engine)というManagedなKubernetesクラスタを提供してくれる、AWSユーザとしては大変うらやましいサービスも存在します。

さて、kube-awsはProduction-Readyを謳っていますが、実際、2016年末から自社の本番環境のKubernetesクラスタをつくるために利用していて、大きな障害もなく現在に至ります。その過程で、発表者はkube-awsのメンテナに就任し、業務時間を使って開発を進め、(専任としては)一人で本番環境のKubernetesクラスタを構築することになりました。結果的には、少ない人数でインフラを作り変える、または新しい技術を本番導入する事例となりました。

このセッションは、発表者が要所要所で取った行動と、その意図を振り返り、できる限り再現可能なノウハウの形で共有することで、私と同じように
(1)OSS開発を仕事にしたい
(2)少ない人数で成果を出したい
エンジニアの力になることを意図しています。

トピック

* 業務としてOSSを開発するメリット
* QCD、事業会社の観点から

* 〃 できるようになる方法
* コード、人、組織の観点から

* 事例: kube-awsの場合
* Kubernetes on AWSの簡単な紹介
* kube-awsとの出会い
* 最初のコントリビュート
* メンテナ就任
* 本番環境への道
* Kubernetes Incubatorへの移管
* 業務としてkube-awsを開発した意味・成果
* 未だにメンテナを続けている理由
* 今後の展望

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...