Loading...

4 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 17, 2019

トマシュ・アダメク, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=7... / CC BY SA 3.0

#ポーランドの男子ボクサー
#クルーザー級世界王者
#ライトヘビー級世界王者
#世界ボクシング評議会世界王者
#国際ボクシング連盟世界王者
#国際ボクシング機構世界王者
#シロンスク県出身の人物
#1976年生
#存命人物
トマシュ・アダメク

トマシュ・アダメク(Tomasz Adamek、1976年12月1日 - )は、ポーランドのプロボクサー。元WBC世界ライトヘビー級王者。元IBF世界クルーザー級王者。ジヴィエツ出身。

。デビュー以来無敗のままポーランド出身者としてはダリユシュ・ミハルチェフスキに次ぎ2人目の世界王者になった。

1999年3月13日、22歳でプロデビューする。

その後、全勝を続け、2001年3月2日、IBCインターコンチネンタルライトヘビー級タイトルを獲得した。

2002年5月24日、空位のCISBBライトヘビー級タイトルを獲得した。

2002年10月18日、国内王座のポーランドインターナショナルライトヘビー級タイトルを獲得している。

2003年10月4日、2回KOで勝利し、空位のIBFインターコンチネンタルライトヘビー級タイトル獲得した。

2004年4月17日、空位のWBOインターコンチネンタルライトヘビー級タイトルも獲得した。

2005年5月21日、初めてメジャータイトル戦を行う。イリノイ州で空位のWBC世界ライトヘビー級タイトルを賭けてポール・ブリッグス(オーストラリア)と対戦。2-0の判定で勝利してポーランド人として2人目のチャンピオンになった。

2005年10月15日、ドイツでトーマス・ウルリッヒ(ドイツ)と対戦し、6回TKO勝ちで初防衛に成功している。ポール・ブリッグスとは2006年10月7日にもイリノイ州で再戦を行う。1ラウンドにダウンを奪われるが、その後挽回し、またもや2-0判定で勝利して2度目の防衛を果たした。

2007年2月3日、フロリダ州にて、3度目の防衛戦でチャド・ドーソン(アメリカ)に12回判定で敗れ、同タイトルを失った。キャリア初黒星となった。

2007年6月9日、ポーランドで空位のIBO世界クルーザー級王座をルイス・ピーネダ(パナマ)と争い、7RTKO勝利でタイトル獲得に成功した。

2008年12月11日、ニュージャージー州でIBF世界クルーザー級タイトルマッチで王者スティーブ・カニンガム(アメリカ)と対戦し、2-1の僅差判定勝ちで王座を獲得した。

2009年2月17日、ニュージャージー州で20戦全勝のアメリカ人ホープジョナサン・バンクスと対戦し、8回TKO勝利でIBF・IBO王座の初防衛に成功した。

2009年7月11日、ニュージャージー州で同級15位のボビー・ガン(アメリカ)と対戦し、4ラウンド終了前に挑戦者をダウン寸前まで追い詰めるもゴングが鳴り4ラウンドが終了、
インターバル中にガン陣営の所に来たドクターが試合続行不能とレフリー伝えため4回RTDとなりIBF王座の2度目の防衛に成功した。ヘビー級に階級を上げるために2009年9月にIBF世界ライトヘビー級王座を返上した。

2009年10月24日、階級を上げ、ポーランドでアンドリュー・ゴロタ(ポーランド)とIBFインターナショナルヘビー級王座決定戦で対戦し、5回TKO勝ちで王座を獲得した。

2010年2月6日、ニュージャージー州でジェイソン・エストラーダ(アメリカ)を12回判定勝ちで下し、IBFインターナショナル王座の初防衛に成功した。

2010年4月24日、カリフォルニア州でクリス・アレオーラ(アメリカ)と対戦し、2-0の判定でIBFインターナショナル王座の2度目の防衛に成功し、NABO北米ヘビー級王座も獲得した。

その後IBFインターナショナルヘビー級王座、NABO北米ヘビー級王座をそれぞれ3度ずつ防衛し、ランキングもWBC世界ヘビー級1位となった。

2011年9月10日、地元ポーランドで指名挑戦者として王者のビタリ・クリチコ(ウクライナ)に挑戦するも、終始ペースで圧倒される一方的な展開になり10回TKOで敗れ地元の期待に答える事は出来なかった。

2012年6月16日、ニュージャージー州でエディ・チャンバーズ(アメリカ)とIBF北米ヘビー級王座決定戦に出場し、12回判定勝利で王座の獲得に成功すると、同年9月8日には初防衛戦を行い、 トラビス・ウォーカー (アメリカ)を5回TKOで退け初防衛を成功させた。

2012年12月22日、ペンシルバニア州で、かつて接戦を演じたスティーブ・カニンガムと再戦を行うもまたも僅...

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...