2
永野・森田米国公認会計士事務所では、ロサンゼルスに1984年に設立されて以来、30年以上にわたり、日米会計、経理、簿記、監査、税務、ITに精通した中堅の専門家集団を目指して、日系企業の米国進出ならびに米国での事業拡大に貢献してまいりました。 日米租税条約をはじめとする、クラ...
永野・森田米国公認会計士事務所では、ロサンゼルスに1984年に設立されて以来、30年以上にわたり、日米会計、経理、簿記、監査、税務、ITに精通した中堅の専門家集団を目指して、日系企業の米国進出ならびに米国での事業拡大に貢献してまいりました。 日米租税条約をはじめとする、クライアントをとりまく環境はダイナミックに変化し、また将来に対する予測と対策が求められるなか、米国会計、米国税務、およびコンサルテイングの分野において、スピーディーかつ効率的・効果的なサービスを提供してきました。ロサンゼルス、トーランス、サンディエゴ、シリコンバレー、アーバイン (オレンジカウンティ)、東京、そして2008年4月にオープンしたニュージャージーとハワイの拠点を通して、広範囲の最新情報をリアルタイムで入手しています。充実した審査体制とグループ内の有能な専門家との有機的編成により、質の高いアカウンティング、タックスサービスをご提供しております。

Nagano Morita LLP was founded in 1984 in Los Angeles, CA. Since then, for more than 30 years, it has grown hand on hand with Japanese companies operating within the United States, in the professional fields of accounting, bookkeeping, audit, tax, and Information Technology. As seen in the recent enactment of the new tax treaty between Japan and the US, the accounting and tax environment that surrounds clients change dynamically every year. With these changes, making accurate projections for the future are imperative for business, and Nagano Morita LLP has speedily and efficie
  • Uploads Play all

    This item has been hidden
to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...