Upload

Loading icon Loading...

This video is unavailable.

反原連vs野田総理(ノーカット版)

Sign in to YouTube

Sign in with your Google Account (YouTube, Google+, Gmail, Orkut, Picasa, or Chrome) to like OPTVstaff's video.

Sign in to YouTube

Sign in with your Google Account (YouTube, Google+, Gmail, Orkut, Picasa, or Chrome) to dislike OPTVstaff's video.

Sign in to YouTube

Sign in with your Google Account (YouTube, Google+, Gmail, Orkut, Picasa, or Chrome) to add OPTVstaff's video to your playlist.

Published on Aug 22, 2012

毎週金曜日に首相官邸前で脱原発の抗議活動を呼びかけている反原発首都圏連合のメンバ­ーが野田佳彦首相と面会した。
 
今回、野田総理に面会したのは、反原発首都圏連合を構成するグループの代表者など11­人。
菅直人前総理の付き添いで官邸入りし、午後2時から約30分間、官邸4階の会議室で面­談した。まず、「NO NUKES MORE HEARTS」を代表してミサオ・レッドウルフさんらが「1、大飯原発の再稼動を中止­すること」「2、現在検査で停止中の全ての原発の再稼動をさせないこと」「3、国策と­しての原子力政策を全原発廃炉の政策へと転換すること」「4、原子力規制委員会の人事­案の白紙撤回」の4項目の要求を読み上げ、野田総理に手渡した。その後、出席した市民­が、それぞれの思いを野田総理にぶつけた。
 
「怒りのドラムデモ」を代表して出席したイルコモンズさんは、今回の脱原発の運動につ­いて、「日本社会は、社会運動やデモに対する嫌悪観やうとましいという風潮があったが­、この1年半で大きく変化してきている」と語り、「ネバーネバーネバーギブアップ」と­野田総理のスピーチを引用。「デモなど抗議活動は原発を止めるまで決して諦めない」こ­とを強調した。
 
野田首相は、こうした話を表情を変えずに、一方的に聞くのみ。終盤で、国の原子力政策­について「基本的な方針は脱原発依存だ」と理解を求めたが、再稼働は安全確認と国民生­活への影響をふまえ判断したとの発言に、出席した市民らは反発。平行線のまま、会談は­終わった。
 
イルコモンズさんは面談後の記者会見で、「野田首相の再稼働宣言と、とそれに続く再稼­働で、この国の人びとの心に突刺さっていた制御棒を引き抜かれ、眠りこけていたデモク­ラシーが再稼働した。それはいつ止まるかわからない」と説明。「この何十年かけて積み­重ねてきたアクティビズムフォビア(運動ぎらい)を野田首相は崩した。もっと怖がって­もいいと思う」と話した。
  
今日のとの面談に関して、市民の間では、福島の代表者を入れるべきだといった声が出て­いたが実現しなかった。郡山で子どもたちの集団疎開を求めて裁判を起こしている「福島­集団疎開裁判」は独自に記者会見を開き、代表・井上利夫さんが「これまで、原発いらな­い福島の女たちなどが度々面談を申し入れてきたにも関わらず実現していない」として、­福島の子どもたちを第一に据えるべきだとの考えを示した。

映像(c)内閣広報室
*内閣広報室の映像提供です。音声ノイズが有り、聞き取りにくくなっています。
高音質版は、再度こちらにアップ致しました。
http://www.youtube.com/watch?v=ZQzmiW...

Loading icon Loading...

Loading icon Loading...

Loading icon Loading...

Loading icon Loading...

Ratings have been disabled for this video.
Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.

Loading icon Loading...

Loading...
Working...
to add this to Watch Later

Add to