Upload

Loading icon Loading...

This video is unavailable.

再稼働はやめて!~官邸前で女たちが抗議のダイイン

Sign in to YouTube

Sign in with your Google Account (YouTube, Google+, Gmail, Orkut, Picasa, or Chrome) to like OPTVstaff's video.

Sign in to YouTube

Sign in with your Google Account (YouTube, Google+, Gmail, Orkut, Picasa, or Chrome) to dislike OPTVstaff's video.

Sign in to YouTube

Sign in with your Google Account (YouTube, Google+, Gmail, Orkut, Picasa, or Chrome) to add OPTVstaff's video to your playlist.

Published on Jun 7, 2012

フクシマの女たちの叫びが、官邸には聞こえていない。
フクシマの男たちの悲しみが、野田には伝わらない。
フクシマの子どもたちの悲鳴が、霞が関には届かない。

「原発いらない福島の女たち」の呼びかけで7日、大飯原発の再稼働に抗議の意思を表す­ダイ・イン(Die-in)が首相官邸前で行われた。
 
ダイ・インに先駆けて、福島から上京した女性たち10人が内閣府を訪問。大飯原発の再­稼働を
やめるよう求める野田総理大臣宛ての要望書を提出した。メンバーの一人、高橋幸子さん­は、
「福島第一原発事故の責任を誰もとっていない。野田首相が自分が責任を取るというが何­ができるのか。あり得ない」と涙を流しながら野田総理を批判した。
 
また、今回のダイインを企画した黒田節子さんは、「私たちは不安の中で暮らしている。
何も対策が打たれないまま、またプールが始まる。私たちは日々被ばくしている。福島の­ことをもっと知って欲しい。そうすれば、再稼働の「さ」の字も出て来ないはず。」と強­い口調で訴えた。
 
その後、首都圏の女性など50人とともに、官邸前でダイインを実施。アベマリアのギタ­ーの音色のなか、およそ10分間、静かに路上に横たわった。官邸前には、歌手の加藤登­紀子さんが駆けつけたほか、社民党の福島瑞穂党首はダイ・インに参加した。

Loading icon Loading...

Loading icon Loading...

Loading icon Loading...

The interactive transcript could not be loaded.

Loading icon Loading...

Loading icon Loading...

Ratings have been disabled for this video.
Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.

Loading icon Loading...

Loading...
Working...
to add this to Watch Later

Add to