Upload

Loading icon Loading...

This video is unavailable.

2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦

Sign in to YouTube

Sign in with your Google Account (YouTube, Google+, Gmail, Orkut, Picasa, or Chrome) to like Mofmof Keiko's video.

Sign in to YouTube

Sign in with your Google Account (YouTube, Google+, Gmail, Orkut, Picasa, or Chrome) to dislike Mofmof Keiko's video.

Sign in to YouTube

Sign in with your Google Account (YouTube, Google+, Gmail, Orkut, Picasa, or Chrome) to add Mofmof Keiko's video to your playlist.

Uploaded on Jul 27, 2011

2011年7月27日 (水) 衆議院厚生労働委員会
「放射線の健康への影響」参考人説明より
児玉龍彦(参考人 東京大学先端科学技術研究センター教授 東京大学アイソトープ総合センター長)

Press "CC" button to change JP / EN subtitle.

/* Multilingual subtitles are available on this version.*/
Prof. Kodama Angry about Japanese Gov.'s Gross Negligence
Part1: http://www.youtube.com/watch?v=Dlf4gO...
Part2: http://www.youtube.com/watch?v=mDlEOm...

/* お知らせ 8月5日の対談がUSTREAMで視聴可能です */
児玉龍彦(東大先端研教授)×津田大介(ジャーナリスト)
http://www.ustream.tv/recorded/16442790


/* 文字起こし、英訳のPDFがあります。*/
http://mywritings.daynight.jp/wp-cont...

http://mywritings.daynight.jp/wp-cont...


/* 衆議院TVのこの会議のURL */
http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_l...


/* 児玉教授の4つの緊急提案 */
14:10 (1) 国策として、食品・土壌・水の検査体制を、日本が持っている最新鋭の機器を投入して抜­本的に改善する。
14:36 (2) 緊急に子供の被曝を減少させるために新しい法律を制定する。
15:37 (3) 国策として、土壌汚染を除染する技術に民間の力を結集する。

時間制限のためか、4つ目の提言が話されていません。。。

/* ----------------------------------------­----------- */
※2011.07.29 up主より
あまりの反響の大きさに驚いています。このように力強い訴えを皆が待ち望んでいたのだ­と実感しました。

wiskij様から情報をいただきました。児玉氏の音声の文字起こしが掲載されている­サイトです。

kiikochan.blog:
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog...

amenohimoharenohimo:
http://blog.livedoor.jp/amenohimohare...

/* ----------------------------------------­----------- */
※2011.07.30 追加情報
この説明で使われた資料がアップロードされていました。SlideShareにアカウ­ントを作ればPowerpointファイルがダウンロードできます。

児玉龍彦国会発表 概要
http://www.slideshare.net/ecru0606/ss...

児玉龍彦国会発表 詳細
http://www.slideshare.net/ecru0606/ss...

概要3ページ目に、4つの提案がまとめてありました。
(4)  莫大な負担(数十兆円以上)を国策として背負う事を確認し、有効に世界最高水準で行う­準備を即刻開始する。

詳細31ページ目に、希望を与える言葉が書かれています。
「人が生み出した物を、人が除染できないわけがない。福島におけるセシウム除染は、次­の世代への日本科学者の責任である」

/* ----------------------------------------­----------- */
※2011.08.06 追加情報 YOMIURI ONLINEより
南相馬市が全域除染へ、避難準備区域解除検討で

東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、福島県南相馬市と東京大学アイソトープ総­合センターは6日、警戒区域を除いた市内全域で放射性物質を取り除く除染を共同実施す­ると発表した。

 政府は今月下旬にも原発から20~30キロ圏の緊急時避難準備区域の解除を検討。放射­線量が高いままでは解除されても市民が避難先から戻って来ない懸念があり、市は早急に­除染を進める。

 市によると、放射線量の高い地点を記した汚染マップを作製。放射線量が高い場所は、同­センターの助言を受けながら、市が専門的な除染を行う。放射線量が低い場所は、公共施­設の建物の高圧洗浄などを市が行う。

 一般住宅などの民間の建物や庭の除染は、NPOのほか市民ボランティアも募って実施す­る。8~9月を除染の強化月間として、緊急的に行う。

Loading icon Loading...

Loading icon Loading...

Loading icon Loading...

The interactive transcript could not be loaded.

Loading icon Loading...

Loading icon Loading...

Ratings have been disabled for this video.
Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.

Loading icon Loading...

Loading...
Working...
to add this to Watch Later

Add to