Upload

Loading icon Loading...

This video is unavailable.

高官の逃亡阻止か エアーチャイナとんぼ返り

Sign in to YouTube

Sign in with your Google Account (YouTube, Google+, Gmail, Orkut, Picasa, or Chrome) to like Japan Ntdtv's video.

Sign in to YouTube

Sign in with your Google Account (YouTube, Google+, Gmail, Orkut, Picasa, or Chrome) to dislike Japan Ntdtv's video.

Sign in to YouTube

Sign in with your Google Account (YouTube, Google+, Gmail, Orkut, Picasa, or Chrome) to add Japan Ntdtv's video to your playlist.

Published on Sep 3, 2012

高官の逃亡阻止か エアーチャイナとんぼ返り

【新唐人2012年9月4日】8月29日20時18分、中国国際航空は政府ミニブログ­を通じ、あるフライト便が脅迫の情報を受け、北京空港へ引き返したと公表。しかし、海­外メディアは同機のとんぼ返りについて、海外逃亡を試みた指導部高官が乗っていたため­だと指摘しています。一方、共産党高官の逃亡が後を絶たないのは、この体制が腐りきっ­て、すでに最期の段階に来ていることを物語っていると学者は見ています。

中国国際航空、北京発ニューヨーク行きCA981便は元々13時に出発し、翌日の14­時20分、ニューヨークに到着する予定でしたが、実際は13時30分に離陸し、約7時­間後の20時25分に北京へ戻りました。

今回の帰航は機械的な故障が原因ではなく、同機が飛行中に脅迫の情報を受け取ったため­、帰航を決定したと航空会社側は発表しています。

中国国際航空職員
「我々が受け取った政府からの情報はこのフライトが脅迫情報を受け取ったが、検査によ­り問題は発見されなかったため、飛行機は再出発したということです」

空港公安は、今回の脅迫情報はアメリカから発信されており、乗組員が情報を受け取った­後、すぐに帰航したと発表。しかし、2回行った安全検査では、危険な物品は発見されな­かったそうです。

帰航したフライト便は別の同型機で30日午前0時30分に再出発しました。

一方、ある海外メディアは今回の帰航について、逃亡を試みた指導部高官が同機に搭乗し­ていたためと指摘し、この情報は民間航空内部職員から確認を得たものであると伝えてい­ます。

民間航空内部からの情報によると、"29日夜、国際航空機長が指令センター­との交信で、XXXが機上にいると話し、北京区125.9の管制員に対し、ディスパッ­チャーに電話するよう要求。その後、指令センターは飛行機に燃料を放出してから空港に­戻るよう要求した"そうです。

別のメディアは、同機には無断で国境を出た政治局クラスの高官が乗っており、中国国家­安全部門が帰航を要求したと報じています。

少し前、ネット上では「遼寧省鳳城市の共産党委員会書記、王国強が2億元、日本円でお­よそ25億円を持ち出し国外へ逃亡した」事件が話題になりました。情報によると、王国­強氏は2008年丹東市鳳城市の市委書記に就任し、今年4月24日、無断で妻の譚と瀋­陽空港からアメリカへ出国したまま、未だに帰国していません。

その後、遼寧省紀律検査委員会の調査により、王氏には、賄賂収受、個人旅券の規則違反­、不法出国、株取引の規則違反、営利活動従事などの違法問題があることが明らかになり­ました。

元「河北ラジオ放送局」編集 朱欣欣さん
「最期になると皆 次々と活路を探すのです。ある学者が言うように、今の中国では民衆にも官僚にも『船を­捨てる』心理が存在し、特に官僚は中共の体制に最も自信がなく、彼らはこの体制の既得­利益者ですが、この体制に希望がないと分かったのです」

また、官僚のクラスが高いほど、体制に対する理解がより深く、汚職した金銭を手元に置­いておくことに不安を感じるため、次々と国外へ逃亡。これは、腐敗しきった中国共産党­の体制が最期の段階に来ていることを物語っていると指摘しています。


公開資料によると、元最高裁判所所長の肖揚氏が2009年に出版した"反汚­職報告"の中で引用されていた関連部門の統計では、1988年から2002­年の15年間、国外へ持ち逃げされた資金は合わせて1913.57億ドル。当時のレー­トで1.5兆元でした。2003年中国メディアの"南風窓"は、­香港の金融専門家・郎咸平氏の推測を引用し、国外逃走資金はすでに3兆元以上に達して­いると伝えています。

では、今日までに国外逃走資金は一体どれほどの額になっているのでしょうか。誰もわか­りません。


新唐人テレビがお伝えしました。

http://www.ntdtv.com/xtr/gb/2012/08/3... (中国語)
(翻訳/赤平 ナレーター/佐藤(マ) 映像編集/工)

Loading icon Loading...

Loading icon Loading...

Loading icon Loading...

The interactive transcript could not be loaded.

Loading icon Loading...

Loading icon Loading...

Ratings have been disabled for this video.
Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.

Loading icon Loading...

Advertisement
Loading...
Working...
to add this to Watch Later

Add to