Upload

Loading icon Loading...

This video is unavailable.

映画『紙の月』特報

Sign in to YouTube

Sign in with your Google Account (YouTube, Google+, Gmail, Orkut, Picasa, or Chrome) to like 松竹チャンネル's video.

Sign in to YouTube

Sign in with your Google Account (YouTube, Google+, Gmail, Orkut, Picasa, or Chrome) to dislike 松竹チャンネル's video.

Sign in to YouTube

Sign in with your Google Account (YouTube, Google+, Gmail, Orkut, Picasa, or Chrome) to add 松竹チャンネル's video to your playlist.

Published on Jun 25, 2014

映画『紙の月』の特報です。
2014年11月15日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://kaminotsuki.jp
公式Twitter:@kamino_tsuki
公式Facebook:www.facebook.com/kaminotsukim­ovie


直木賞作家・角田光代の衝撃のベストセラー
待望の映画化!!

真っ当な人生を歩んでいたはずの主婦が起こした、巨額横領事件。
彼女は何を手に入れ、何を手放したのか―。

2011年に映画化された「八日目の蟬」をはじめ、女性層に抜群の信頼性と人気を誇る­直木賞作家、角田光代の長編小説「紙の月」。第25回柴田錬三郎賞を受賞し各メディア­から絶賛を浴びたベストセラー小説が、ついに映画化される。

バブル崩壊直後の1994年。夫と二人暮らしの主婦・梅澤梨花は、銀行の契約社員とし­て外回りの仕事をしている。気配りや丁寧な仕事ぶりが上司や顧客に評価され、何不自由­ない生活を送っているように見えた梨花だったが、自分への関心が薄い夫との間には、空­虚感が漂いはじめていた。そんなある日、梨花は年下の大学生・光太と出会う。光太と過­ごすうちに、ついに顧客の預金に手をつけてしまう梨花。最初はたった1万円を借りただ­けだったが、金銭感覚と日常が少しずつ歪みだし...。

メガホンをとるのは、昨年の日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した傑作『桐島、部­活やめるってよ』を送り出し、次回作が熱望されていた鬼才、吉田大八。一人の女性が、­聖と悪の両面を抱えながら墜ちていく様を、独特の映像センスとテクニックを駆使し、ス­ピード感をもってスリリングに描き出す。
主人公・梅澤梨花を演じるのは、今や日本を代表するトップ女優として舞台・映画・テレ­ビと八面六臂の活躍を見せる宮沢りえ。梨花の心の揺らぎを、繊細かつ大胆に表現した。­相手役となる光太には、近年活躍が目覚ましい若手実力派の池松壮亮。そして、銀行の先­輩事務員を小林聡美、窓口係を大島優子が演じるほか、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司と­、重厚で豪華な共演陣が集結した。

日本映画界最高峰のコラボレーションで仕掛けるノンストップ・サスペンス。世界を挑発­する極上のエンターテインメント作品がついに誕生する。

Loading icon Loading...

Loading icon Loading...

Loading icon Loading...

Loading icon Loading...

Ratings have been disabled for this video.
Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.

All Comments

Comments are disabled for this video.
Loading...
Working...
to add this to Watch Later

Add to