Upload

Loading icon Loading...

This video is unavailable.

マレー沖海戦とマレー戦線

Sign in to YouTube

Sign in with your Google Account (YouTube, Google+, Gmail, Orkut, Picasa, or Chrome) to like 憂国烈士's video.

Sign in to YouTube

Sign in with your Google Account (YouTube, Google+, Gmail, Orkut, Picasa, or Chrome) to dislike 憂国烈士's video.

Sign in to YouTube

Sign in with your Google Account (YouTube, Google+, Gmail, Orkut, Picasa, or Chrome) to add 憂国烈士's video to your playlist.

Uploaded on Apr 18, 2011

昭和16年12月8日、マレー半島コタバルに第25軍隷下第18師団の佗美支隊が上陸­。ここに世界の戦史に残るレコードを記録するマレー作戦の火蓋が切って落とされます。­一方、海上では英東洋艦隊の誇る新鋭戦艦"プリンス・オブ・ウェールズ&q­uot;と英戦艦"レパルス"の両艦を日本海軍航空隊85機の陸­攻隊が...まさかの大殊勲で同年12月10日に撃沈します。これで長らく世界の海軍­で続いた大艦巨砲主義と謂う不動の戦略が終焉を迎えた海軍史上類を見ない戦術上も戦略­上も圧倒的な日本の勝利で終わりました。そして陸上においても後に"マレー­の虎"と称される山下 奉文 陸軍中将隷下の第25軍は約2.5倍の兵力を有しマレー半島を守る英印豪の連合軍の戦­線1.100kmを交戦しながら僅か55日間で撃破し翌昭和17年1月31日に半島南­端のジョホール・バル市に突入しました。これは世界の戦史上まれに見る快進撃であり偉­大なレコードとなりました。陸海軍共に華々しい戦果を挙げ帝国陸海軍の精強さを世界に­披露した大東亜戦争の有名な緒戦の一コマです。軽快に自転車で戦場を駆け抜ける銀輪部­隊と世界に誇る栄光の翼・九六式陸攻の勇姿が素晴らしい映像です。

  • Category

  • License

    Standard YouTube License

Loading icon Loading...

Loading icon Loading...

Loading icon Loading...

Loading icon Loading...

Ratings have been disabled for this video.
Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.

Loading icon Loading...

Advertisement
Loading...
Working...
to add this to Watch Later

Add to